2010年04月01日

Brian Setzer 聴いてましてん♪

年度末の月末は忙しい。
昨日の忙しさを引きずって、
今日も昨日の繰り返し・・・・と言うような日だ。

昨日、あまりに疲れてブルーだったので、
パァっと明るいBGMで行きたいものだと、かけたCDが
今日もそのままの状態で、プレイヤーに収まっている始末だ。

----------------------------------------------------



ジャンピン・イースト・オブ・ジャワ 〜ライヴ・イン・ジャパン

ジャンピン・イースト・オブ・ジャワ 〜ライヴ・イン・ジャパン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2001/06/21
  • メディア: CD




『JAMPIN EAST OF JAVA』は2001年の日本公演ライブ盤

冴えたギタープレイと、何となく人を食ったような唄い方が
たまらなくカッコよくて、楽しい気分になる。

ご存知、ブライアン・セッツァーは、
70〜80年代に一世風靡した、ネオロカビリー
『ストレイキャッツ』のG&Voだ。

当時はやっぱり、小林克也の『Best Hit USA』で知った。

刺青だらけの、ド不良ルックスで、
ちょっと甘ったるい声で、人をなめた様な雰囲気の
唄い方をする人だなぁ・・・(たぶんルックスのせいだろう)
と、思っていた。
とは言え、プレイも曲もやっぱりカッコいい。

90年代以降からは、オーケストラ編成でやっている、
古今、不良のええオヤジになってしまったが、
今のほうが、やっぱりずっと素敵だ。
いつも思うが、ホントギター上手い。

私はギターもあまり真面目にやらなかったので、
自分が歌うためくらいにしか弾けないから、
カッコいいギタープレイをしながら、よくこれだけ歌えるものだなぁと感心してしまうアーティストの一人。
やはり、さすがのグラミー賞アーティストは違うよねぇ〜

いずれにせよ、聞いているだけで、元気一杯になりそうな
ブライアン・セッツァーのライブで、
テンション高く、仕事しましょう!
posted by みずほ at 17:06| 大阪 ☔| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。